ドン・カリーって強い

ドン・カリーって強い

ドン・カリーはカレー屋

昔、1980年代ドナルド・カリー(ドン・カリー)というWBA・WBC世界統一
ウェルター級チャンピオンがいました。この名前を聞いた時に思わずカレーが食いたい
と思ってしまいました。
ちまみに私はココ壱のカレーはそんなにおいしいとは思いません。
だって結局ハウスのカレーでしょ。家でも作れる味じゃないかと思うのです。

 

それよりもホテルのレストランのカレーの方がおいしいし変に辛くないので好きですね。
まあカレーの話はさておき、ドンカリーは非常に魅力的なボクサーでした。

 

相手のパンチを紙一重で交わしてカウンターを叩き込むスタイルに
一回見ただけで惚れてしまいました。

 

それから過去の試合は海外のボクシングビデオ収集家に頼んで取り寄せました。
ミルトンマックローリー戦ももちろん良かったのですが、ニノラロッカ戦も
捨てがたいですね。負けた試合も倒されっぷりが良くて、その打たれ脆さに
儚さも感じますね。マイク・マッカラム戦は悲しい結末でした。

 

 

 

 

女性より男性の方がファッションにあまり気を使っていない人が多いように思います。
でも洋服ひとつで第一印象も全クと言っていい程変わってくるので、オシャレって大事だと思います。

 

適当にクローゼットの中にあったジーンズとTシャツだけじゃ、面白さがないのでは?と思います。
すっごくイケメンでも私服がダサいとちょっとがっかりしてしまいますよね。でも逆にそんなにかっこ良くない子でも、オシャレに気を使っているとちょっとぐっと来ますよね。
もちろんいきすぎたおしゃれは逆に引かれてしまいますが…。

 

今流行の男性芸能人やアーティストなんかを参考にすると流行も取り入れることが出来るし良いと思います。
EXILEとか佐藤健さんあたりなんかかっこいいなあと思います。格好だけ真似するだけでも雰囲気が似てくるしかっこよく見えると思います。
いきなり全身おしゃれはちょっと抵抗があるという人は、小物から取り入れてみるのも良いと思いますよ。

 

普段の洋服にハットを取り入れてみたり、おしゃれ眼鏡をしてみたり…ぐっと印象が変わるし一気にオシャレになると思います。

 

冬 メンズファッション

 

続きを読む≫ 2014/11/06 10:10:06

私はいわゆるキレイめカジュアルで上下のファッションを揃えています。主にセレクトショップなどでトップスを揃えることが多く、
ボトムスにはファストファッションのショップで買ったチノパンを揃えることが多いです、足下はスニーカーで、
靴下なんかもファストファッション等で買ったカラーバリエーションに富んだ靴下を履くことが多いです。

 

冬場はシャツの上にパーカーを羽織って、その上にアウターのジャケット(ダウンジャケットやコート)を羽織ることが多いです。
春と秋はカジュアルな原色のキレイ目のシャツ(紺か白が多い)をトップスに羽織って、下はチノパンのことが多いです。その上にパーカーを羽織ったりすることもあります。
夏場は主に半袖のTシャツとチノパンが多いです、Tシャツの色は紺か白が多く、たまにオレンジや緑といった色のカットソーを着る場合もあります。
傾向としては、原色もしくは白のトップス・アウターにベージュもしくはカーキのチノパンと原色のスニーカーというパターンが多いです。
デート メンズファッション

 

続きを読む≫ 2014/10/17 11:46:17

私は営業をしておりますが同じような所をまらっており新規の営業は
しておりませんのでそれほど着こなしにはこだわっておりませんがワイシャツだけはこだわっております。

 

どこのブランドが良いというこだわりではなく、あえて言えば色合いです。
昔からワイシャツと言えば白かブルーのようなものでしたが、結構前から、淡いピンクや薄い紫などが出回っており、私も気に入って着用しておりました。

 

同じような得意先ですが、自分なりにスーツではなく、出来るだけ毎回違ったイメージを持ちたかったのでワイシャツにこだわっていたのかもしれません。
いろいろなスーツですと新調するたびにそこそこお金がかかり手軽に購入できないという理由もありました。
最近では私にも後輩ができて、お世辞にもカラーワイシャツがセンス良くてかっこいいと言われて真似をしている人もいますが、
嬉しい半面、自分の開拓したファッションですので真似しては困ります。

 

残念ですが真冬などではコートが邪魔しており、見えないのがもったいないです。
派手な下着を着用しても誰も見てくれないのと同じ気がします。

続きを読む≫ 2014/10/01 14:27:01

僕は和風のメンズファッション誌を立ちあげたいと思っています。最近では和のテイストが忘れされれ
過ぎています。元々日本人はきものを着ている民族です。今は洋服が主流になっていますが、
ファッションも一周して出尽くした感があり、昔ダサいとされたファッションがまた流行させられています。

 

ファッション業界も流行を作って去年のものを古いということにしないと新しい服が売れないから、
必死に色々仕掛けないといけませんね。そこで、あえて、昔ながらの和風の服をはやらせればいいのでは
と思っています。

 

なぜ、日本独自の路線を追求しないのでしょうか?
コケた時の事を恐れて果敢に挑戦していく人があまりにも少なすぎるのです。
ニューバランスのスニーカーやスエットを流行らせている場合じゃありません。
これからはやはり雪駄やきものそして下着はふんどしを流行らせるべきなのです。

 

まだ、昭和初期にはそれらの服は日常に根付いていたはずです。
しかし、今やすっかり消えてなくなりかけていますね。
だからこそ今狙うべきなのです。

 

メンズ和風ゲイナーなんて出来たら僕は毎月必ず購読しますよ。しかし、いつまで待っても
そんな感じのファッション誌が創刊されないわけだから僕が頑張って作るしかありません縁。
和テイストのファッションを流行させますから。

 

続きを読む≫ 2014/08/30 14:58:30

同じアルバイトでも時給がおもいっきり高いものと私達コンビニ底辺アルバイトとはすごい差があります。
我々コンビニエンスストアで働く中年店員は将来への夢や希望は一切ありません。
ただ、毎日のルーティンを繰り返すだけでその月の生活費を稼ぐのが精一杯です。
まさしく食うためだけに生きているようなそんざいで人生に何の楽しみもありません。

 

そして、羨ましいのが医者のアルバイトです。彼らは悠々自適で、バイトだけで普通のサラリーマンの
倍くらいの給料を稼げます。僕らコンビニ店員が寝る間も惜しんで必死に働く一日分の給料を
わずか2,3時間程度で稼ぎだしてしまうのです。

 

人の命に携わる仕事とはいえ差がありすぎて悲しいですね。
僕は生まれ変わったらフリーターなんかではなく、医者になるために必死に勉強しようと思います。
でも実家が貧乏なので、勉強しても医学部は難しかったと思います。
親が金があるのに子供もかねもちになるこれが貧富の連鎖というものでしょうね。

 

我々フリーターの時給はすごい安いです。それから医療系でいうと薬剤師も時給が2000円以上で、
羨ましい限りです。なんか処方箋通りに薬を渡すだけの簡単な仕事なくせにあれだけ
お金をもらうなんて世の中狂っているような気がするのは私だけでしょうか?
こんな愚痴だれも共感してくないでしょうね(笑)(T_T)

 

 

続きを読む≫ 2014/08/27 16:05:27

学生の頃アルバイトをしていましたが、単調で時間がたつのが遅くてつらいと思ってました。
そして、アルバイトでこんなにきついんだから正社員はどれだけ地獄なんだと思い、
絶対就職したくないなんて思ったものです。

 

しかし、それから20代なかばまでフリーターとして過ごしたものの、
そろそろ会社員にならなければいけないと思ってシステム開発の特定派遣の会社の
正社員になりました。職種はプログラマです。
ネットで見る限りデスマーチとか書いてあったで、どれだけきついんだよと思いましたが、
全然たいしたことありませんでした。

 

学生時代やったバイトに比べると責任は大きいし考えることもあるので、
全く退屈はしないし多少はやり甲斐もありました。

 

しかし、バイトの方はあまりにもつまらなく苦痛が大きかったですね。
時間が早く過ぎてくれる仕事の方が僕は責任が重くてプレッシャーがかかっても
楽です。

 

そういうことでバイトより正社員の方がはるかに楽といえるでしょう。
おまけに福利厚生はしっかりしているし、給料も格段に高いですね。
新入社員の頃はバイトに毛の生えたような給料でも上がっていけば
とてもバイトじゃ稼げないくらいもらえますから。

続きを読む≫ 2014/08/16 08:39:16

道路を走っていると見かけるのが通称旗振りと言われる交通警備や工事現場の誘導係です。
あれって突っ立てるだけでちょっとでもミスすると自己につながるし、
気の短いドライバーから怒鳴られたりして嫌な仕事です。

 

出来れば僕もやりたくないものです。
今はなんとか首の皮一枚つながって空調機器の万全のところで働く事ができているのですが、
いつ自分もその立場になるのか分かりません。明日は我が身とはこのことですね。

 

そんな訳で交通警備のバイトをじっくり調べてみましょう。
時給は都内で働くとなると昼間は1000円位で、深夜は1250円くらいです。
重労働の割には安い時給ですね。
フルタイムで働いても18万円くらいにしかならないのは世知辛いものです。

 

それでも彼らは無くてはならない存在です。
虚業で金儲けしている連中に比べれば清貧と言っていいのではないでしょうか?

 

しかし誰でもやろうと思えば出来る仕事なので、付加価値はありません。
彼ら自信も自らの仕事に矜持があるのではなく、他の仕事に雇ってもらえないから
仕方なくやっているという悲しい状況です。

 

選択肢が無い上で選ばされたようなものですね。
もちろん他の仕事もあると思いますが、彼らにとっては旗振りよりも条件が悪いのでしょう。

 

 

続きを読む≫ 2014/08/02 09:37:02

私が今勤めているお店の店長は今までの人生で一番人使いが荒い人でした。
どのように荒いのかというと、無理難題をどんどんふっかけてくるのです。

 

例えば、30分かかる作業を15分で終わらせろとか、今取り掛かっている作業があるのに、
違う作業を振ってきたりします。

 

その上、自分は仕事をしないで、こっちにどんどんやらせてきます。
納得行かなくて半ばふてくされて仕事をしていますが、
態度に表すと怒られるので腹の中にしまっています。

 

バイトの職種は飲食店の店員です。なので、本来ならお客さんからクレームが入った時、
店長が対応するべきなのですが、全て私や他のベテランバイトが対応させられています。
それでもお客さんの怒りが収まらない場合は、店長がしぶしぶ出て行ったりもします。

 

ハッキリ言わせてもらいますが、私のやっている仕事内容は正社員と遜色がありません。
それにもかかわらず、時給は950円と低賃金で働いています。

 

本当奴隷労働なので、早く解放されたいのですが、嫌だからといって他に移ってしまっては
どうしようもありません。

 

嫌なことを先延ばしにしたらどんどん不幸になるだけなのです。
なので、歯を食いしばってバイト生活頑張ります!

 

 

続きを読む≫ 2014/07/30 15:17:30

世の中どんなにお金持ちでも解決できない問題はあります。それの一つにあげられるんがお肌のトラブルです。
特に敏感肌、アトピー肌などのお肌のトラブルはアレルギー体質であることが9割以上の原因です。
つまり、現代の医学でも治療法が確立されていないため、どんなにお金持ちであろうと、貧乏であろうと、
平等に苦しまなければなりません。

 

そういった意味では世の中捨てたものではないと思いますが、
そんなどうでもいい平等よりもやはりお金をかけてもなんとか解決したいと思うのは人情です。
お肌のトラブルを未然に防ぐために出来る事は色々ありがちですが、以外に簡単ではありません。
その対策をしたことによって他の問題が浮上してくるため、
こちらを立てればあちらが立たずの状況になり八方塞がりになりがちなのが、
敏感肌の問題です。

 

万能の特効薬があればいいのですが、そんなものはタイムマシーンにでも乗って、
未来の世界に行かない限り見つからないのではないでしょうか?
なんとか細胞というものも開発されているそうですが、問題はアレルギーを起こす免疫機能にあるので、
お肌そのものにアプローチしても仕方ありません。

 

根本から治すためにはやはり発展途上国にでも移住するしかないのでしょうか?
寄生虫を体内に飼うといいということを聞いたことがありますが、
試してみたいですね。

 

続きを読む≫ 2014/07/04 08:47:04

私の趣味は貯金です。人生で最も楽しくてワクワクする瞬間は貯金通帳の数字を眺めている時間です。
しみったれた奴だと思われるので、このことはネット上でしか公言できません。
リアルで異性になんか話すと露骨にドン引きされてしまうので、いつも隠しています。
趣味を聞かれても適当に映画鑑賞とか音楽とか言ってごまかすのが日常になっていますね。

 

私はフリーターでありながら、もう1000万円ほどのお金が貯金できています。
これは素晴らしいことですね。
日本経済に全く貢献出来ていませんので、人に言うと嫌な顔をされます。
やっぱり浪費する人の方が経済を活性化させているからです。

 

しかし私は労働して税金をしっかり収めています。なので誰からも文句を言われる筋合いは
ないと思っているのです。

 

では、どうやってお金をためたのかというと、アルバイトの掛け持ちです。
色んなバイトをやってきました。スーパー、カフェ、深夜のコンビニ、牛丼屋などなどです。
特に深夜バイトはすごくお金になりました。
素晴らしい成果でしたね。

 

時給がだいたい1250円くらいになるので、お金を貯めるためには非常に効率的であります。
生きるために働いているってより、趣味のために働いているのです。

 

続きを読む≫ 2014/06/20 10:49:20

ホーム RSS購読 サイトマップ